亡くなった後のゴタゴタを無くす準備の仕方とトレンド

墓地

納骨堂について

気を付けなければならないこと

腰に手を当てる半裸の男性

納骨堂は近年流行ってきています。一般的に、お墓とは墓地を購入し、そこのお墓を建てて埋葬するところです。納骨堂は、骨壺に入った状態の遺骨を安置する場所のことを言います。 納骨堂がいっぱいになった場合はどうなるのでしょうか。それは、特定の場所に移される可能性が高いのです。そういった場合には、今まで安置されていた場所ではない場所にお参りに行く必要がでてきます。ただし、そのような状況になる場合にはある程度、決まりがあるようですので、確認が必要です。 このような納骨堂は、現代においてたくさん必要となっています。それは、核家族化が進んだためと言われています。核家族になり、長年守ってきたお墓を受け継いでいく人が減ってきたためです。

これからどうなっていくのか

お墓を受け継いでいくということは、長年の間、家を相続してきた者に任されていました。特に、長男が継いでいる場合がほとんどです。ですが、近年においてそれらはうまくいかない場合が多くなりました。家族がバラバラに暮らすようになったためです。都会に行って仕事をするなんてことも増えてきて、納骨堂のような個人単位での管理がいらないお墓の代わりになるものが必要となったのです。 そこででてきたのが、納骨堂であり、これらは今、かなりの広がりをみせ、9階建ての納骨堂なんてものもあるくらいです。またそのような場合には、永代供養が必要になる場合もありますので、確認が必要です。 現代においては、仕事の影響が一番大きく、核家族化が進んでいます。その弊害としてでてきた問題に対し、対応したのが納骨堂という訳です。